【CAMBER】Arctic Themal Hooded Zip Front Sweatshirt 【キャンバー】アークティックサーマル フーデッドジップフロントスェットシャツ/パーカ Made in USA









玄関で靴を履いた後に忘れ物に気が付い時は
ハイハイ派ではなく片足ケンケン派のコット兄
さんです。










横着者。

だいたいすぐ見つからなくて

太ももが悲鳴を上げ始めるから

結局、玄関戻って

両脚の靴を脱いでから

ちゃんと探すって言うぱてぃーん。








太ももの筋肉
もっと鍛えよーっと。









さて、本日はこちら!





161028-4.jpg
【CAMBER】
Arctic Themal Hooded Zip Front Sweatshirt
¥14,000 + tax








【CAMBER】キャンバーの
アークティックサーマル
ジッパーフーデッドです。


Made in USA










161028-3.jpg

161028-1.jpg

161028-2.jpg
【CAMBER】
Arctic Themal Hooded Zip Front Sweatshirt
¥14,000 + tax






12.5ozというヘヴィーウェイトのスウェット地
にサーマルのライニング(裏地)が付いた
フルジップパーカ。


キャンバーの代表モデルであり、
アメカジウェアの名品でもあります。


肉厚でタフなアメリカ製のジップパーカ。


長年愛され続け、初めて手にした瞬間から
ファンになった人も多いはず。

もちろん、ボクもその一人です。






161028-22.jpg





CAMBERは1948年にアメリカ・ペンシルバニア州
にて生地の生産工場として事業を開始。

その後スウェットシャツなどの生産を始め、
1994にブランドCAMBERをスタートしたようです。


ボクがCAMBERを始めて手にしたのは、
確か今から約21年前の1995年頃だったと
思います。

このモデルと全く同じパーカと、もう一つは
フードの無いブルゾンタイプを買いました。


当時から他のアメリカブランドにはない、
圧倒的な存在感でしたね。


その後、約10年ほど前には某ブランドさんの
別注モデルも買い足しています。


そしてもちろん、
そのどれもが今でも現役です。







161028-5.jpg
【CAMBER】
Arctic Themal Hooded Zip Front Sweatshirt
¥14,000 + tax






キャンバーはカスタムが非常にしやすいブラン
ドのため、各ショップやブランド、輸入メーカー
による別注品が多くリリースされています。


日本人の体形に合うように、アームや身幅
を細くしたり、パーツを変えてみたり。

ネームタグにSpecial Editionなどと書かれ
ている物がそれにあたります。



今回kottonyでは、あえて何も手を加えていない
アメリカ本国そのままのモデルを提案させて頂い
ています。


90年代から変わらないそのデザイン。


この太いアームホールとドロップ気味のショ
ルダー、そしてボクシーなシルエットがまさに
今の雰囲気にぴったりではないでしょうか。








161028-20.jpg

161028-21.jpg
【CAMBER】
Arctic Themal Hooded Zip Front Sweatshirt
¥14,000 + tax






着て頂けると分かると思いますが、もはや
アウターと言ってもいいくらいのボリュー
ム感です。


吊り編み機で仕上げるようなソフトで
しなやかなスウェットが多い今。

こんなヘヴィーでたくましいスウェットが
とても新鮮に映ります。







161028-8.jpg

161028-9.jpg







キャンバーは、サーマル付きパーカの
代名詞と言っても過言ではない存在。


似たような物も沢山見てきましたが、色んな
意味でやはりこれを超える物は他に無いと
思っています。








161028-11.jpg

161028-12.jpg
【CAMBER】
Arctic Themal Hooded Zip Front Sweatshirt
¥14,000 + tax






真鍮のハトメに
YKKのビスロンジッパー。

ずっと変わらないディテールです。




ちなみに、キャンバーのパーカには他に
「チルバスター」というモデル名で似たモデル
もありますが別モデルになります。


スウェット生地がチルバスターの7.5オンスに対し
こちらのアークティックは12.5オンス。

それだけしっかりとした生地になります。






気取らないアメリカ製の
ヘヴィー級な一枚。

持ってると何かと大活躍しますよ!



ぜひお店でご覧下さい。
それではまた。









【この商品を購入】
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
grey, navy, black









kottony

千葉県千葉市中央区
新宿1‐2‐1 井澤ビル1F(地図
12:00-21:00(不定休)
TEL/FAX 043-310-3222
kottony@gmail.com



◆ブログに掲載の商品は通販可能です◆

お問い合わせフォーム
オンラインストア
Facebook
Instagram

オンラインストアにない商品は、お問い合
わせフォームかTELでお気軽にどうぞ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/10/27 23:28 ] メンズ | TB(0) | CM(0)

【orslow】Prisoner Coat 【オアスロウ】プリズナーコート(ユニセックス)












お前が排水口の水の渦を必死に逆まわりに
しようとしてた事、みんなには内緒にしておくな
コット兄さんです。










さてさて、

本日もさっそくですが

商品のご紹介です!















161027-3.jpg
【orslow】
Prisoner Coat
¥34,800 + tax









【orslow】オアスロウの
プリズナージャケットです。









161027-1.jpg
【orslow】
Prisoner Coat
¥34,800 + tax







飾り気のないウールコート。

そんなシンプルなデザインの中にも

しっかりと“オアスロウらしさ”が

表現されたおすすめの一着です。







161027-5.jpg

161027-2.jpg
【orslow】
Prisoner Coat
¥34,800 + tax







Prisoner(プリズナー)、

すなわち囚人を差します。


ヴィンテージ市場では、レアな存在として
マニアの間でも人気の高いプリズナーコート。


そんなプリズナーコートを基に、オアスロウが
手掛けたのがこのウールコートになります。









161027-15.jpg
【orslow】
Prisoner Coat
¥34,800 + tax







今の雰囲気にぴったりな、肩を落とした
オーバーシルエットになります。



本来はダークカラーで知られる
プリズナーコートですが、

ベージュという明るいカラーにした事で
全くと言って良いくらいその印象を変えて
しまいました。



ヴィンテージ色が強く無骨なイメージのコ
ートが、とても洗練されたデザインのコー
トのように映って見えますね。


不思議と上品な印象です。







161027-7.jpg

161027-9.jpg

161027-13.jpg

161027-11.jpg






一枚物のウールコートなので、
見た目以上に軽いのもいいですね。

重いコートで肩が凝りがちな方には
とてもおすすめです。



また、作りも大変丁寧で、裏側は
総パイピング仕上げになっています。






161027-14.jpg

161027-12.jpg

161027-4.jpg







少し土臭いイメージの合わせ方から
キレイめの合わせまで、

それぞれお好みで使って頂けると
良いと思います。



上品に見せながら、
キャップで外したりするものいいですね。






161027-17.jpg
【orslow】
Prisoner Coat
¥34,800 + tax






ぜひお店でご覧下さい。
それではまた。








【この商品を購入】
 







kottony

千葉県千葉市中央区
新宿1‐2‐1 井澤ビル1F(地図
12:00-21:00(不定休)
TEL/FAX 043-310-3222
kottony@gmail.com



◆ブログに掲載の商品は通販可能です◆

お問い合わせフォーム
オンラインストア
Facebook
Instagram

オンラインストアにない商品は、お問い合
わせフォームかTELでお気軽にどうぞ。


関連記事

【Vincent et Mireille】Boucle Crew Neck Sweater 【ヴァンソンエミレイユ】ブ―クレクルーネックセーター (メンズ)










自販機でどっちか決められないからボタン
同時押ししたのに出て来たヤツ見て
毎回こっちかよって思うコット兄さんです。










気が付いたら10月も残り一週間。


ということは
今年も残り2か月!!


ほほー。










さて、今日はこちらをご紹介!






161024-5.jpg
【Vincent et Mireille】
Boucle Crew Neck Sweater
¥13,500 + tax









【Vincent et Mireille】
ヴァンソンエミレイユの

ブ―クレ生地を使った
クルーネックセーターです。











161024-4.jpg
【Vincent et Mireille】
Boucle Crew Neck Sweater
¥13,500 + tax






朝晩はグッと冷え込んできましたね。


そろそろウール素材を使った
こんなアイテムが欲しくなる頃です。








161024-2.jpg

161024-3.jpg






モコモコとしたルックスが目を引く
ブ―クレ素材のセーター。


ブ―クレとは、主にウールを使い表面に
ループ(輪)が現れるように作られた糸
で織った毛織物です。


一見するとパイル(タオル)地に似ていますが、
ループが規則正しく並ぶパイルに対して、
もっと複雑な構造をしているのが近くで見
ると良く分かりますよ。


まるで洋犬の体毛のような見た目です。




個人的にとても好きな素材なのですが、
レディスのアイテムに使われることが多く、
あまりメンズのアイテムで見かけること
ないんですよね。


なので、
ヴァンソンエミレイユの展示会でこれを見た
瞬間、すぐにお取扱いを決めたのでした。







161024-16.jpg

161024-17.jpg
【Vincent et Mireille】
Boucle Crew Neck Sweater
¥13,500 + tax






デザインは至ってシンプルです。


一般的なセーターやスウェットなどを着る
感覚で気軽に使えるし、どんな物とも合わ
せやすいデザインです。



袖口とネックのリブの表情がいいですね。

ネックホールが小さめな所も
とても気に入っています。






161024-11.jpg

161024-10.jpg

161024-9.jpg






素材は、ウール70% ナイロン30%


非常にソフトな着心地なのに
生地自体はしっかりとしています。


ナイロンが程良く混ざっているので、
生地に強さもあり安心の使いやすさです。







161024-14.jpg

161024-13.jpg

161024-12.jpg






ワークパンツやデニム、またキレイめの
スラックスなど、幅広いスタイルに応用の
効くアイテムです。

いろいろなスタイルで
楽しんで頂きたいですね。







161024-6.jpg

161024-15.jpg
【Vincent et Mireille】
Boucle Crew Neck Sweater
¥13,500 + tax







ぜひお店でご覧下さい。
それではまた。









【この商品を購入】
 ↓ ↓ ↓ ↓
 grey,  navy









kottony

千葉県千葉市中央区
新宿1‐2‐1 井澤ビル1F(地図
12:00-21:00(不定休)
TEL/FAX 043-310-3222
kottony@gmail.com



◆ブログに掲載の商品は通販可能です◆

お問い合わせフォーム
オンラインストア
Facebook
Instagram

オンラインストアにない商品は、お問い合
わせフォームかTELでお気軽にどうぞ。


関連記事
[ 2016/10/25 00:32 ] メンズ | TB(0) | CM(0)




kottony コットニー

Facebook