FC2ブログ




【BUBBA】1990s Denim Pants = Dead Stock = 【ババ】1990年代 デニムパンツ (デッドストック)









スマホでコメント入力中に改行ボタンと
勘違いして送信しちゃう罠にはまる
コット兄さんです。










ついに今シーズン初

ホットコーヒーに手を出しました。

入口から店内に入る空気が

いよいよ冷たくなってきた。

というか歳とったなぁ自分。

前は冬でもアイスしか飲まなかったけど。

代謝が落ちたって事でしょ?

体は正直ですな。










それでは本日はこちらです。








【BUBBA】
1990s Denim Pants
¥6,900+tax







1990年代に製造されたデニムパンツを
貴重なデッドストックで発見。


BUBBAというブランドらしく、
僕自身も初めて見るブランドです。


こういうあまり知られていない、
言ってみれば当時の謎なブランドを
発掘するとかなりワクワクします。







181022-2-1.jpg
【BUBBA】
1990s Denim Pants
¥6,900+tax







この頃の当時はまだ、やれインディゴだの
やれタテ落ちだのと言われる前で、

Gパンと言えばこののっぺりと均一に
色落ちしていくようなトーンの物が当時
の主流でした。

その後に来るヴィンテージブームによって
世のデニム生地は1940~1960年代頃の
デニムのような濃くてタテ落ちする物に
人気が集まり、その動きがメインストリー
ムになっていきました。



そして今再びその動きが
大きく変わり始めていてます。

1980年代~1990年代中頃までの雰囲気
を持ったデニムに、もう一度人気が集まっ
ています。

「この前までダサいと思った物が
今はカッコよく見える」

こういう所もファッション業界の面白い
ところだと思います。

やっぱり20年周期ですね。




そんな今注目のデニムが当時のデッドスト
ックで出てきたのだから黙ってはいられま
せん。

しかも、今ならまだこんなグッドプライス
で手に入ってしまうのですから。







181022-10.jpg

181022-9.jpg






さて、前置きが長くなりましたが
このブランドの事にも少し触れておきます。


ボクも初めて見るブランンドなので
ちょっと調べて見ました。


アメリカの海軍、つまりはUS NAVYで使わ
れていたデニムパンツやダンガリーシャツ
にSeafarer(シーファラー)というブラン
ドがあるんですが、そこと何か関係があり
そうです。


恐らくどちらも同じナッシュビルにあるフ
ァクトリーで生産されていたようですね。


アメリカ政府も認める程の基準をクリアで
きるファクトリーで作っていたとすれば、
品質は間違いないという事になりますね。



そしてお察しの通り、このブランド自体は
すでに無くなっています。







181022-12.jpg

181022-11.jpg
【BUBBA】
1990s Denim Pants
¥6,900+tax






思った以上に良くてびっくりしました。


気分はもう90年代の渋カジファッション。
ボーダーのラガーシャツに足元はスウェー
ドのデザートブーツあたりで決めてみたい
です。

それこそ、当時流行った紺ブレなんかを
羽織ったり。






181022-3.jpg

181022-4.jpg

181022-5.jpg

181022-6.jpg

181022-8.jpg






そしてもう一つ気になったのが
このBUBBA(ババ)というブランド名。


アメリカ南部で男性同士が呼ぶ時に使う
地方独特の言葉だそう。

はじめは何語だろ?って思ったんですが、
「Brother」が訛ったものだと分かって
すぐに納得しました。

相棒や兄弟など親しみを込めて相手を呼ぶ
ときに使う言葉。


製品に付いた当時の貴重なフラッシャーに
男性のイラストが描かれていたのは
そういう事だったんですね。


ボクにとって、ある意味最もアメリカらしく
歴史の濃い南部という地域で生まれたこの
デニムに何かを感じずにはいられませんで
した。





181022-7.jpg
【BUBBA】
1990s Denim Pants
¥6,900+tax





デッドストックの貴重性だけではなく
アイテム的にも使える逸品です!

この機会をお見逃しなく!




ぜひお店でご覧下さい。
それではまた。









【この商品を購入】








kottony

千葉県千葉市中央区
新宿1‐2‐1 井澤ビル1F(地図
12:00-21:00(不定休)
TEL/FAX 043-310-3222
kottony@gmail.com



◆ブログに掲載の商品は通販可能です◆

お問い合わせフォーム
オンラインストア
Facebook
Instagram

オンラインストアにない商品は、お問い合
わせフォームかTELでお気軽にどうぞ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/10/22 21:55 ] メンズ | TB(0) | CM(0)

【MANUAL ALPHABET】Corduroy Tuck Pants 【マニュアルアルファベット】コーデュロイタックパンツ (ウィメンズ)












もう二度とそうはならないだろう
と言うほど奇跡的に寝グセがいい感じに
決まっちゃったヘアースタイルを
神型と呼んでるコット兄さんです。











そろそろ気温も落ち着いてきたので

パンツの素材に変化が欲しくなって

きましたよね。

久しぶりにウィメンズ商品のご紹介です。










本日はこちらです。






181017-2.jpg
【MANUAL ALPHABET】
Corduroy Tuck Pants
¥13,500+tax







【MANUAL ALPHABET】
マニュアルアルファベット

コーデュロイタックパンツ







181017-1.jpg
【MANUAL ALPHABET】
Corduroy Tuck Pants
¥13,500+tax







マニュアルアルファベットから
新作のウィメンズパンツが届きました。



季節感のある太うねのコーデュロイを使っ
たイージーパンツは、やや丸みのあるシル
エットでゆったりとした雰囲気です。






181017-13.jpg

181017-14.jpg





丈は短めで、アンクル丈やクロップド丈と
いった丈感にゆったりと自然な雰囲気で
テーパーをかけています。


切りっぱなしパンツのようなイメージで
スニーカーを合わせてアクティブなカジュ
アルスタイルにするのも良いですし、

また、しっかりとローファーなどを使った
冬のコーディネートを組み立てるのも
おすすめです。





181017-11.jpg

181017-8.jpg

181017-7.jpg

181017-3.jpg
【MANUAL ALPHABET】
Corduroy Tuck Pants
¥13,500+tax







ウエスト部分はゴムと紐。


ギャザーが寄って出来た沢山のヒダが、
ウエストの上部で強調されるデザインにな
っています。

タックインした時にはウエスト周りの
アクセントになります。






181017-20.jpg

181017-21.jpg

181017-12.jpg
【MANUAL ALPHABET】
Corduroy Tuck Pants
¥13,500+tax







大きめのバックポケットは
両側に付いています。


光沢感のあるコーデュロイ素材を使ってい
るのですが、色の濃いネイビーの方がより
光沢がわかりやすいですね。

なのでネイビーの方はベロア生地のような
落ち着いた雰囲気があり、キャメルの方は
うねがはっきりと見えてカジュアルな印象
です。






181017-23.jpg
【MANUAL ALPHABET】
Corduroy Tuck Pants
¥13,500+tax







ゆったりシルエットで
楽に穿けるコーデュロイパンツ。



ぜひお店でご覧下さい。
それではまた。









【この商品を購入】
navy
camel








kottony

千葉県千葉市中央区
新宿1‐2‐1 井澤ビル1F(地図
12:00-21:00(不定休)
TEL/FAX 043-310-3222
kottony@gmail.com



◆ブログに掲載の商品は通販可能です◆

お問い合わせフォーム
オンラインストア
Facebook
Instagram

オンラインストアにない商品は、お問い合
わせフォームかTELでお気軽にどうぞ。


関連記事
[ 2018/10/18 21:32 ] レディス | TB(0) | CM(0)

【STILL BY HAND】Denim Jacket DN0283 【スティルバイハンド】デニムジャケット DN0283









いつもソースを付け忘れるコンビニの
外国人店員さんの前では会計中ずっと
緊迫状態のコット兄さんです。









ソース無しでもコロッケ喰うけどさっ。

食文化が違うしな。

ある程度は仕方ないけど。

でも仕事だからちゃんとやらないと!

だから、いつかガツンと言ってやろうと

思ってたわけですよ!

そしたら先日、やっぱり今日も

ソース入れずに俺に袋を渡してきた。

はいキマシター!

ついに言ってやったねオレは。





「...ソースお願いします」











それでは本日はこちらです。





181016-5.jpg
【STILL BY HAND】
DN0283
¥24,000+tax






【STILL BY HAND】
スティルバイハンド

デニムジャケット
DN0283






181016-6.jpg

181016-7.jpg
【STILL BY HAND】
DN0283
¥24,000+tax






スティルバイハンドから新作の
デニムジャケットが入荷です!


いわゆるGジャンと呼ばれるデザインなの
ですが、Gジャンと言えるギリギリのディ
テールのみを残し、それ以外を全てそぎ落
としたような秀逸なデザインです。


前身頃には大きな切り替えが無く、
ポケットは一つ、フロントボタンは
4つのみというシンプルさに惹かれます。






181016-21.jpg

181016-16.jpg






そして、デザインだけではなく
使われている素材にも少し特徴が。


一般的にはコットン100%であることが多い
デニムですが、こちらのデニムは横糸に
コットン/ウールの糸を使用しています。

スティルバイハンドの別注生地で、織り上
がったインディゴ生地に対して起毛加工を
加えています。


一般にGジャンで使われるデニムより非常
に柔らかいうえに肌触りもいいんですよね。


堅くて窮屈な印象がある為に、
今までデニムジャケットを取り入れる事を
躊躇していた方にも納得して頂ける程、
柔らかで着心地の良いデニム素材です。






181016-1.jpg

181016-2.jpg
【STILL BY HAND】
DN0283
¥24,000+tax





作りもゆったりとしていて、柔らかな
生地感と合わさり快適な着心地です。


ジャストサイズで着ても肩をやや落とす
ボックスシルエット。

特に後の身頃に余裕を持たせているので、
見た目以上に動きやすいのも特徴ですね。





181016-8.jpg

181016-9.jpg

181016-10.jpg






ボタン類もシンプルなデザイン。

胸ポケットのペン差しスペースを仕切る
白ステッチもアクセントになってます。






181016-17.jpg

181016-18.jpg

181016-19.jpg





こちらはバックサイド。


よく見るとボトム部分に大きな
プリーツが入ってますね。

ここ個人的には結構重要なポイント。

一般的なGジャンであれば、上部切り替え
部分にプリーツを入れたくなると思うんで
す、つまり上から下に。

このウエストあたりにプリーツを入れる事
で、後ろ側にフワッとした特有のシルエッ
トを生み出しているのです。





181016-13.jpg

181016-14.jpg

181016-15.jpg






肩の部分にはわずかに起毛した
コットンの裏地を貼ってあります。


袖を通す時に手に触れる
起毛の裏地が心地良いです。





181016-22.jpg
【STILL BY HAND】
DN0283
¥24,000+tax







スティルバイハンドのこだわりが
詰まったデニムジャケット。


ぜひお店でご覧下さい。
それではまた。









【この商品を購入】








kottony

千葉県千葉市中央区
新宿1‐2‐1 井澤ビル1F(地図
12:00-21:00(不定休)
TEL/FAX 043-310-3222
kottony@gmail.com



◆ブログに掲載の商品は通販可能です◆

お問い合わせフォーム
オンラインストア
Facebook
Instagram

オンラインストアにない商品は、お問い合
わせフォームかTELでお気軽にどうぞ。


関連記事
[ 2018/10/16 22:22 ] メンズ | TB(0) | CM(0)




kottony コットニー

Facebook